トレハロースは、天然の甘味料で砂糖よりも控えめで優しい甘さを持つ

トレハロースは天然の糖質です。砂糖の45%程度の甘さになりますが、後を引かない甘さなので、上品な味に仕上がります。また柔らかな甘みなので、多くの食品に配合されています。別名トレハオースと呼ばれることもあります。

じゃがいもやとうもろこしなどのでん粉からトレハロースを生成するため、大量生産も可能になり、安価に作ることができるのです。
他の甘味料と一緒に配合すると調和性が良く、素材本来の味を引き立たせてくれると言われています。

洋菓子や和菓子、清涼飲料水など、さまざまな品目に使用されています。また、でん粉の老化防止や、脂質やタンパク質が変性するのを防いだり、鮮度を維持したりするためにも用いられる場合があります。また酸を生成しないため、虫歯にもなりにくいのが特徴です。

天然に存在する糖類と言えば、砂糖や麦芽糖などもありますが、トレハロースはシイタケ、シメジ、なめこなどのキノコ類や酵母菌類、ひじきなどの海藻類にも含まれているので、日常的な食生活の中で知らず知らずのうちに取り入れている場合が多いです。また、海水の中にも含まれていると言われています。

さらに、果物の色が退色するのを抑制してくれる働きがあり、素材の色をそのまま生かしてくれるので、ジャムなどに使用される場合が多いです。天然に存在する成分ですので、安全性も非常に高く、たくさん摂取しても問題はないので、国内外で広く使用されている甘味料なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ