五大栄養素とは、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルで体にとって必要不可欠な成分

五大栄養素とは人間の体が生きていく上でなくてはならない栄養素で、最も重要とされる三大栄養素にビタミンとミネラルの2つを加えたものです。三大栄養素は炭水化物、タンパク質、脂質です。人間に必要な栄養素は約45~50種類ほど存在すると言われていますが、その中でも特に重要なものを五大栄養素と位置付けています。

これらが中心となって、体を支えたり、構成したり、健康的な状態を保ってくれたりするのです。炭水化物は体内で消化吸収されると、エネルギー源として利用されます。ご飯、パン、うどんなどの穀物類には、炭水化物が含まれています。

過剰に摂取するとブドウ糖は体内で脂肪に変換して、そのまま体脂肪として蓄積してしまうので、食べ過ぎは肥満の原因になってしまうのです。肉類、魚介類、乳製品、大豆製品などに含まれているタンパク質は、体内に取り込まれると、筋肉や臓器、血液などの様々な組織を構成する成分になります。

脂質はエネルギー源として利用されますが、過剰に摂りすぎてしまうと、高脂血症や高コレステロールなど生活習慣病を引き起こす可能性があるので、適度な摂取を心がけましょう。

ビタミンは、他の栄養素が正常に働くためにサポートする成分です。体の調子を整えてくれたり、免疫力をアップしてくれたり、美肌効果が高いものもあります。欠乏すると様々な症状が起きるので、積極的に食品から摂取するとよいでしょう。ミネラルは体の機能を正常に働かせてくれ、維持やコントロールに役立ちます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ