コアマッスルは体の奥にある筋肉で、姿勢保持や関節の動きをスムーズにする

コアマッスルとは体の奥にある筋肉で、インナーマッスルや深層筋と呼ばれることもあります。体の表面にある筋肉は目で見えますが、インナーマッスルは体の奥にあるので、どれくらいあるのかが分かりにくいものです。また、表面の筋肉であるアウターマッスルは、運動したり、筋力トレーニングを行ったり、大きな力を使うことができます。

自分の意識で動かせますが、コアマッスルは意識的に動かせません。大きな力を発揮したりするのではなく、姿勢を保ったり、関節の動きを支えたりする働きがあり、人が生きていく上では必要不可欠な筋肉なのです。

深層筋を鍛えることで、関節や骨格などを正しい位置に戻すことができるので、姿勢がよくなります。また、姿勢が良くなれば体の機能が正常に働くようになり、新陳代謝がアップするでしょう。

新陳代謝の向上によって体内に溜まった老廃物の排出を促進してくれるほか、リンパの流れもスムーズになるため、むくみを改善したり、頑固な便秘も解消されたりするでしょう。さらに姿勢が綺麗になることで、見た目的にも美しくなれますし、シェイプアップ効果は高いでしょう。

コアマッスルを鍛えるためには、通常の筋力トレーニングでは意識しにくい筋肉のため難しいでしょう。ピラティスやヨガなどで、筋肉に集中してトレーニングを行うと効果的です。また、水泳も深層筋に働きかけて鍛えてくれるのでおすすめです。関節の位置が元に戻ることで、肩こりや腰痛も改善できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ