健康補助食品は、JHFAが認定した健康食品で安全性が高い

健康補助食品とは、厚生労働省が設置を認めた財団法人である、日本健康・栄養食品協会、通称JHFAが認定した健康食品のことです。JHFAが定めた独自の基準に適合したものだけを認定しており、JHFAマークが表示されています。健康補助食品に認められると、厳しい成分分析が行われます。

また表示内容においても、栄養学や医学などの専門家が集まる適合審査委員会という場所で審査を受けます。この審査に合格したものだけが、JHFAの認定マークを付けることを許可されるのです。

現在は63種類にも上り、ミネラルやビタミン、タンパク質類、糖類、脂質類、ハーブ、発酵微生物、キノコなどがあります。規格成分はもちろんのこと、一般細菌や大腸菌なども分析されており、非常に安全性が高い食品と言えるでしょう。JHFAマークがついていることで、安全性があり、安心して食べることができる商品だという証になるのです。

健康目的やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病予防として、積極的に摂取するとよいでしょう。主な食品として、にんにく卵黄、にんにく生姜、ブルーベリー、ウコンなどがあります。

伝統にんにく卵黄は江戸時代から親しまれてきた伝統食であり、にんにく食品としては初めてJHFAマークを取得した成分で、農薬や化学的な肥料を一切使わずに育て上げたにんにくを使用しています。また、専用の管理鶏舎で育てた有精卵黄を使用しているので、自然の力で健康を維持することができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ