シャングリラダイエットとは、油や砂糖をなめることで空腹感を抑え食事量を減らす方法

シャングリラダイエットとは、油と砂糖を毎日なめることで痩せられるダイエット方法です。アメリカで爆発的大ヒットとなったダイエット方法で、激しい運動や食事制限などをせずに痩せられるので、面倒くさがり屋の人にはぴったりでしょう。食欲をコントロールすることで食べ過ぎを未然に防ぎ、摂取カロリーを減らしていくのです。

シャングリラダイエットは、食事と食事の間に油や砂糖を摂取します。無味無臭のこれらの食物を摂取すると、体は必要なカロリーをしっかり摂取することができますが、脳は食べたと認識しません。この脳が食べてないと思わせること、つまり脳をだますことが大切です。

脳をだますことによって、脳が適正と判断している体重を下げることができるのです。この適正体重が下がれば自然と食欲は抑えられ、暴飲暴食を防ぎ、空腹感を感じなくなるでしょう。

方法は非常に簡単です。砂糖水かキャノーラ油など匂いが強くない油を、1日100~400kcal分摂取するだけです。また、摂取するタイミングは、食前、食後から1時間以上空けなければなりません。たったこれだけで空腹を感じずに、すぐに満腹感を得られるので、食欲の暴走はなくなります。

外出先やレストランやカフェなどでも手軽に摂ることができるので、おすすめです。また、コストもかからないので、ダイエットにお金をかけたくない人や、厳しい食事制限や運動を行いたくない人は試す価値があるでしょう。健康的に美しく痩せられるので、リバウンドも少ないと言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ