産後ダイエットは、妊娠や出産で太ってしまった体型を元に戻すダイエット

産後ダイエットとは、妊娠と出産を経て体型が変化してしまった場合に行うダイエットです。心地よくより快適に生活するためには無理なくダイエットをすることが大切で、過度な食事制限や激しすぎるエクササイズはよくありません。

特に食事に関しては注意が必要です。出産後も授乳をしている場合、母親がとった栄養分はそのまま母乳へと移行します。その母乳を赤ちゃんが飲んで成長していくわけですから、言ってみれば妊娠中よりも授乳期の方が、よりバランスの取れた食事を心がけて栄養を摂取しなければなりません。

また食事量に関しても、妊娠中や普段の食生活よりもたくさん食べなければいけないのです。赤ちゃんが大きくなればその分母乳をたくさん飲むようになるので、それに比例して母親の食事量も増やしていくべきなのです。一般的に母乳量は、産後3ヶ月ごろをピークに最も増えると言われています。

運動に関しては、産後1ヶ月を目安に医師の診断を受けてから、少しずつ無理なく進めていく方がよいでしょう。産後太りはそのままにしておくと戻らなくなると言われており、産後半年までに元の体重に戻すのが理想的です。

食事量は減らさずに、家の中でもできるエクササイズを中心にダイエットを始めてみるのがおすすめです。特にヨガなどは心をリフレッシュすることもできるので、育児ストレスを軽減させながら痩せることができるでしょう。

また分娩の時に骨盤が開いてしまったり、歪んでしまったりしている人が多いでしょう。骨盤の開きや歪みは産後太りの原因になるだけでなく、腰痛や肩こりなどの症状を引き起こしてしまうのです。骨盤を矯正できるエクササイズや運動を取り入れるのもよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ