栄養機能食品は、栄養成分の機能を表示している食品で、ミネラル類、ビタミン類がある

栄養機能食品は栄養成分の機能を表示している食品であり、特定保健用食品と違ってマークなどは存在しません。不規則な食生活を送っている人や高齢者の場合、1日に必要とされる栄養分を十分に摂取できない場合があります。

栄養分の補給を目的に食事を取ろうとしている人に向けたもので、どのような成分がどれくらい含まれていて、どのような効果をもたらすのかをわかりやすく記載してあるのです。

栄養機能食品は、食事からきちんと栄養分をとることができない時に、補助的な役割として利用する食品です。食事の代わりとして代用するものではありません。個別に消費者庁長官の許可を得ているわけではなく、国で定めている企画基準に当てはまった場合、製造業者が表示することができるのです。

栄養機能の表示がしてある成分とは、ミネラル類とビタミン類です。亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどの成分のそれぞれの機能について表示されていることが一般的でしょう。例えば、亜鉛では味覚を正常に働かせるために必要であり、粘膜や皮膚の健康維持をサポートするなどと書かれています。

マグネシウムは、骨や歯の形成のために必要不可欠であり、体内酵素を活性化させ、エネルギー産生を手助けすると表示されているでしょう。

ビタミン類は、ナイアシン、ビタミンB2、B6、パントテン酸、葉酸などがありますが、例えば葉酸は赤血球の形成をサポートする成分であると表示されており、どの成分がどのような働きがあるのかをすぐに見分けることができるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ