アセスルファムカリウムはショ糖の200倍の甘さをもつ人工甘味料

アセスルファムKと表記される場合もあるアセスルファムカリウムは、人工甘味料の1つです。ショ糖の200倍の甘みがあり、少量でも甘さを出すことができるので、カロリーゼロなどのダイエット飲料に多く用いられています。

自然界には存在しないので、化学的に作られる合成物としてダイエットペプシなどにも使用されている、新しい甘味料です。使用量は1kgあたり15mgまでと、厚生労働省で定められています。

甘みが強いですがすっきりとした味なので、後引きが少ない甘さになり、キレがよいでしょう。高濃度で使用した場合は、後味がわずかに苦く感じられることがあるかもしれません。また、口腔内にいるバクテリアを代謝することはないため、虫歯の原因物質にはならないと言われています。

アスパルテームなどの他の甘味料と一緒に併用される場合があり、他の人工甘味料と共に使用して相乗効果をもたらす機能を持っています。酸と一緒に使うと、酸味や苦みを和らげ、食塩と混ぜれば苦みを減少させます。一般的に使用されているアスパルテームとの違いは、その安定性にあります。

アセスルファムカリウムは熱や酸、活性酸素に対しても強く、安定性が高いのが特徴です。パンやクッキーなど、加熱処理するものに対しても使用が可能です。また、長期貯蔵できる清涼飲料水などにも利用されています。エタノール、グリセリン、アルコールなどへの可溶性も高く、漬物などにも使われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ