ヨガはインド古来の修行法で、呼吸を意識して行うと代謝を向上させる

ヨガとは、古代インドが発祥地である修行法です。最近では、ダイエットや心身をリラックスするために多くの女性から支持を受けています。呼吸法を意識してポージングを決めることで、全身の筋肉量をアップさせるほか、集中力を養うこともできます。

体が硬いと難しいとイメージされがちですが、誰でも簡単に始めることができますし、老若男女問わずできるスポーツなのでおすすめです。ヨガとはサンスクリット語で、つながりという意味を持ちます。心や体、魂をつながった1つの状態にしていくという意味があるのです。

その効果として挙げられるのは、皮膚細胞の活性化によって肌が健康的な状態になることです。老廃物の排出速度も高まるため、デトックス効果もあり、アンチエイジング機能で若返りにも期待ができます。また、呼吸法を意識して行うことで、しっかりと筋肉がつきます。

血流が良くなればむくみなども改善され、肩こりや腰痛に悩まされる日々とさよならできるでしょう。ヨガの呼吸法では、腹式呼吸が一般的です。ゆっくりと息を吸って吐くことで、体の緊張状態がほぐされ、リラックスした状態に近づけるでしょう。

また、腹式呼吸は冷え症を改善する効果があると言われています。呼吸によって肺や横隔膜を動かすと、全身の血のめぐりがよくなり、自律神経の活動をコントロールできるのです。1畳ほどのスペースがあればどこでも行えますし、ポーズを覚えてしまえば誰かに習う必要もありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ