フラボノイドはポリフェノールの1種で、天然色素で苦み成分の場合もある

フラボノイドはポリフェノールの1つであり、植物に含まれる色素や辛味、苦みの元となる成分です。植物の根や茎、幹などに豊富に含まれており、その種類は4000以上あると言われています。

植物が紫外線や害虫などの外からのダメージに対して身を保護するために作られる物質で、構造の違いによってタイプに分かれますが、いずれも高い抗酸化作用を持っているのが特徴です。分類としてはフラボノール、アントシアニン、フラボン、カテキン、イソフラボンなどが挙げられます。

ブルーベリーやカシスに含まれるアントシアニンは青紫の天然色素で、500種類以上発見されています。梅干しの着色などに使用されており、合成着色料に比べて非常に安全性が高いです。目に対して良いとされており、視覚機能を改善してくれる働きがあります。カテキンは、緑茶に多く含まれるフラボノイドです。

強い抗酸化作用を持っているので、肥満や高血圧などの生活習慣病の予防におすすめです。ダイエット目的で摂取する人もいるでしょう。
大豆などのマメ科の植物に含まれているのが、イソフラボンです。植物性のエストロゲンと呼ばれますが、これはエストロゲンという女性ホルモンと同じような働きをする為です。

美肌にも効果的で、化粧水や乳液に配合される成分として目にする機会もあるでしょう。ビタミンPと呼ばれるルチンは、ソバやイチジクに含まれています。毛細血管を強くして血圧を下げたり、血栓生成を予防したり、ビタミンCの吸収促進の機能も注目されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ