バレトン・メソッドはバレエ、ヨガ、フィットネスの要素を融合したエクササイズ

バレトン・メソッドとは、バレエのコンディショニングで柔軟性や筋力を鍛えるエクササイズです。心も体もリラックスした状態で融合できるので、人気を集めています。バレトンのバレはバレエを意味しており、トンとは筋肉を鍛えていくという意味です。発祥はニューヨークで、バレエダンサーによって生み出されたプログラムです。

関節に対して優しく負荷をかけすぎずに行えるので、無理なく始めることができるでしょう。バレトン・メソッドには、ソール・シンセシス、スタンディング・フロー、センター・ムーブスの3種類があります。ソール・シンセシスは、バレエ、フィットネス、ヨガの3つの要素を合わせた新感覚のエクササイズです。

スタンディング・フローは、バレエの要素を軸として、心と体を鍛えるプログラムです。センター・ムーブスはバレエの要素に、カーディオパートの要素もプラスした、ワークアウトエクササイズになります。

フィットネス、ヨガ、バレエの3つの要素を組みこむことによって全身の筋力が向上するだけでなく、体の柔軟性も上がり、心肺機能もアップします。スタミナもつき、基礎代謝が向上することによって、脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれるでしょう。

このエクササイズは裸足で行うので、足裏の感覚も研ぎ澄まされると言われています。足裏の重心に集中することで姿勢がよくなり、骨格のズレを矯正することも可能です。体のバランスがよくなると見た目も綺麗になり、美しいプロポーションになれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ