サーキットトレーニングは、有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせた方法

サーキットトレーニングとは、有酸素運動と筋力トレーニングを同時に行うトレーニング方法です。ダイエットには、脂肪燃焼効果が高い有酸素運動と、基礎代謝を向上させるために筋力量を増やすことの2つが大切と言われています。

サーキットトレーニングでは30分という短時間でこの2つを行い、体脂肪を燃焼しながら基礎代謝も上げられる効果的なエクササイズなのです。1セットで6~12種類のトレーニングを休みなしに連続して行います。これを行うと、全身の筋肉がバランスよく鍛えることが可能です。

1つ1つの動きの間に休息を入れないことによって負荷が持続的に加わり、筋力をアップさせ、全身の持久力を鍛えることができます。種目はスクワット、腕立て伏せ、腹筋、バービージャンプ、つま先立ち、踏み台昇降運動などです。全ての種目をこなして1セットとみなし、これを毎日3セット行うことで美しいプロポーションになれるでしょう。

パワーだけでなく、スピードも付けることができ、スタミナアップにもつながるため、プロのアスリートも取り入れているトレーニング方法です。屋内ででき、畳一畳分のスペースがあれば行えるので手軽にできますし、継続しやすいでしょう。

筋トレを行うと乳酸が産生されますが、この乳酸が溜まりきってしまう前に有酸素運動に切り替えるため、乳酸の分解を促進してくれます。その結果筋肉が疲れにくくなり、連続して行っても辛くありません。効率よく鍛えることができるので、忙しいビジネスマンにもおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ