コーヒーダイエットは、脂肪燃焼をアップさせるカフェイン効果で体重減少

コーヒーダイエットとは、1日3杯程度のコーヒーを飲むことで体重を落としていく方法です。コーヒーには、ガン抑制、ストレス軽減、心臓強化、血行促進、認知症予防、動脈硬化や糖尿病抑制など、さまざまな効果があることがわかっています。

また、カフェインが豊富に含まれており、カフェインには交感神経を優位にして脂肪燃焼をアップさせる働きがあるとされているので、ダイエットにも有効であることが分かっています。また、利尿作用もあるので、体内に溜まった老廃物や毒素を排出しやすくするデトックス効果も期待でき、むくみなども軽減できます。

むくみはダイエットの大敵と言われており、下半身太りの原因ともなっていますので、むくみを取るだけでも体重を落とすことは可能でしょう。コーヒーダイエットは、運動と組み合わせることでより効果が期待できます。運動する30分前に飲むことで、コーヒーの有効成分が体内で吸収され、より効果を発揮しやすいのです。

また、代謝を活性化させるために午前中に飲むのがよいでしょう。脂肪燃焼効果を高めるクロロゲン酸が多く含まれる浅煎りコーヒーがおすすめです。クロロゲン酸が多く含まれるのは、インスタントよりもドリップ式で入れたコーヒーと言われています。

脂肪を燃焼しやすい体になることで、体重を落として理想のプロポーションに近づけるでしょう。飲みやすいので無理なく楽しくダイエットを継続できます。寝る前に飲むと寝つきが悪くなるので、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ