筋力トレーニングは筋肉量を増やすための運動でダイエットに効果的

筋力トレーニングとは、筋肉量をアップするために行う運動のことで、腹筋、腕立て伏せ、スクワットなどがあります。脂肪を効率よく燃焼させるためには、基礎代謝をアップさせることが大切です。アップさせるためには、筋肉量を増やさなければなりません。筋力がアップすれば、運動をしていなくてもエネルギー消費が増えるのです。

基礎代謝が高い人は、太りにくいと言われており、基礎代謝の40%は筋肉からエネルギーとして消費されているのです。女性の体はもともと筋肉がつきにくいので、少しの筋力トレーニングではムキムキになったりすることはありません。

むしろ筋肉が全体についていた方が、見た目も美しくバランスの取れた美しいプロポーションになるでしょう。
効果的な筋トレの方法としては、持ち上げたり引っ張ったりする動作をする時に、ゆっくりと戻すことが大切です。

筋肉を伸ばしている時は、収縮している時よりも筋線維を傷めやすいので、気をつけなければなりません。筋線維は損傷して休めることによって栄養を補給し、太くなっていくと言われています。

また、オーバーロードの原則という法則があり、限界に近い負荷を掛けなければ筋肉は発達しないと言われているので、しっかりと負荷をかけて行うとより筋力はアップするでしょう。筋力トレーニングは、家の中で行うことができ、道具を使わなくてもできるので手軽です。また、有酸素運動と併用して行うと、さらにダイエット効果は高まります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ