カルニチンは、アミノ酸の一種で脂肪酸をミトコンドリアへ輸送する

カルニチンはアミノ酸から生合成される誘導体で、ビタミン様物質です。エネルギー製造工場であるミトコンドリアへ脂肪酸を輸送する時に使われ、脂肪を代謝するためにはなくてはならない成分です。L型とD型があり、体の中で働いているのはL型のみになります。体内で合成することができるので、動物性の食品に多く含まれています。

食事による摂取は1日100~300mgが望ましいとされており、不足すると低血糖、疲労、筋肉痛、脂肪肝などの欠乏症を起こしてしまうのです。
年齢を重ねるごとに体内で生成される量は減少するため、カルニチン不足を起こしやすくなります。

不足すると脂肪をエネルギーに変えることができなくなり、そのまま体内に体脂肪として蓄積されてしまうため、中年太りやメタボリックシンドロームになると言われています。積極的に摂取することで、基礎代謝を上げ太りにくい体質にしていくことが大切です。

多く含まれる食品としては、肉類が挙げられます。特に羊の肉には豊富に含まれており、脂肪分の多い肉よりも、少ない方がよいとされています。また魚介類、乳製品などにも含まれています。肉類をあまり食べないという場合には、サプリメントなどで手軽に摂取することもできるでしょう。

運動と組み合わせて摂取すれば、より効果的と言われています。脂質をエネルギーに変換する時に使用されるので、運動1時間前に飲めば、よりエネルギー燃焼効率がアップします。比較的短時間で吸収されるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ