ウォーキングダイエットは、歩くことで脂肪燃焼効果を高め、骨を強化する

ウォーキングダイエットとは、有酸素運動であるウォーキングを取り入れてダイエットをしていく方法です。マイペースにでき、無理なく行えて運動嫌いな人でも始めることができる健康的なダイエット方法でしょう。歩くと足腰をしっかりと鍛えて、心肺機能を強化することができます。

血行がよくなり、体内の老廃物を排出しやすくなって、デトックス効果も期待できるでしょう。また筋肉がつくことによって基礎代謝が上がり、脂肪を燃えやすい状態にします。老若男女問わず行えて手軽にできるので、非常に人気が高いです。

ウォーキングは、内臓脂肪や皮下脂肪をしっかりと落としてくれます。脂肪を燃焼するためには、大量の酸素が必要です。この酸素をたっぷりと取り込みながらできる運動が、有酸素運動なのです。有酸素運動を行って脂肪が燃焼するまでの時間は20分以上たってからと言われています。

20分以上行える運動でなければ、意味がないのです。歩くだけならば30分は余裕を持ってできるので、脂肪燃焼効果はアップするでしょう。また、骨を丈夫にする効果もあります。歩くだけでも、骨についている筋肉を鍛えることができます。筋肉だけでなく、骨自体もしっかりと活性化されるため、骨芽細胞が増え丈夫な足腰になるのです。

さらに、歩くときに日光に当たると、カルシウム吸収を手助けするビタミンDが体内で生成されるため、骨を強くしてくれます。体を動かすことでリフレッシュできますし、質のよい睡眠をとることもできますので、健康維持のためにも歩くことはよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ