アラニンはダイエット効果、アルコール代謝を持つ非必須アミノ酸

アラニンは非必須アミノ酸の1つで、体内で合成することができます。アルコール代謝に関わる働きがあると言われており、肝臓の栄養分となります。肝臓では貯蔵していたグリコーゲンを使ってアルコールを代謝します。

しかしお酒を飲みすぎてしまうと、グリコーゲンを使っての代謝がうまくできなくなり、アルコールが残って二日酔いなどを起こすのです。アラニンにはグリコーゲンに代わって肝臓でのエネルギー源となってくれるので、アルコールをスムーズに分解してくれ、二日酔いにならずにすむのです。

また、ダイエット効果も期待できます。アラニンやプロリン、リジン、アルギニンの4つのアミノ酸は燃焼系アミノ酸と呼ばれており、脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化させる働きを持っています。リパーゼが活性化されることによって、脂肪を燃焼しやすい体に変化するのです。

燃焼系アミノ酸をたくさん摂取すれば、脂肪が燃えやすくなり、体脂肪が減り、痩せる体質になるのでダイエットが成功するのです。
運動する時にも役立ち、筋肉にエネルギーを与えてくれる働きもあります。

エネルギー源となるブドウ糖の生成を促進してくれるので、エネルギー不足になることはありません。運動前に摂取することが望ましいでしょう。肝臓の栄養素となる以外に、肝臓の機能を保護する働きもあります。肝機能障害を抑制してくれるので、医薬品成分としても配合されているのです。経腸栄養剤やアミノ酸製剤としても使われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ