アドレナリンは、空腹感を抑えて、脂肪燃焼効果を高める

アドレナリンとは神経伝達物質で、集中している時や興奮している時に分泌されるものです。分泌されるとダイエットに効果的であると言われています。お腹が空いたと感じるのは、血糖値が下がっているためです。血液中に含まれるブドウ糖が少なくなると、脳がエネルギー不足と感じて空腹感を引き起こすのです。

アドレナリンには、肝臓に蓄えられているブドウ糖を血液中に放出する働きがあります。血液中に放出されたブドウ糖を使用すると、エネルギーが供給され空腹感も感じなくなるのです。分泌量を増加させるためには、運動を行うがよいとされています。運動をすると、交感神経が刺激されるので分泌されやすくなります。

お腹が空いたと感じた時に何か食べてしまうのではなく、空腹感をなくすためにウォーキングやジョギングなどの軽い運動をしてみましょう。また、足踏みや踏み台昇降運動といった家で手軽にできるエクササイズでも効果はあります。たった1分程度行うだけでも効果は期待できるのでおすすめです。

運動以外にも、アクション系やホラー系の映画やテレビを見ても、分泌量は増えると言われています。見ることに集中しているとお腹が空いたことも忘れてしまうため、食べ過ぎを抑制してくれるのです。

さらに音楽を聴くのもよいでしょう。ロック調の激しい曲であれば、興奮して気持ちが高ぶります。アドレナリンには脂肪燃焼を促進する働きもあります。脂肪を分解する酵素であるリパーゼを活性化させる機能があるので、運動をした際の脂肪燃焼効率がアップするでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ