アスパルテームは砂糖の200倍の糖度を持つ人工甘味料

アスパルテームは、人工甘味料の1つで砂糖の代わりに食品に利用されるものです。指定添加物として認められており、その糖度は砂糖の200倍もあると言われています。高甘味度甘味料と呼ばれ、炭酸飲料などの清涼飲料水やお菓子などに配合される場合が多いです。

アミノ酸であるフェニルアラニンとアスパラギン酸を結合させて作ったアミノ酸系の甘味料で、人工甘味料の中では苦みが少ないことで知られています。独特な後味が特徴です。
カロリーは砂糖と同じ1gあたり4kcalですが、砂糖よりも甘みが強いため、少量使っただけでも甘さを感じることができます。

少量使用でよいため、カロリーを抑えることが可能で、ダイエットにも有効です。ダイエット飲料のカロリーゼロと表記してあるものの多くは、このアスパルテームを使用しているものが多いでしょう。さらに併用して、スクラロースやキシリトールと呼ばれる他の甘味料も一緒に配合される場合も増えています。

アミノ酸で構成されているため、虫歯になりにくく、血糖値が上昇しにくいので糖尿病患者でも使用できます。世界各国で使用されているアスパルテームの安全性は高いと言われていますが、副作用や毒性などの報告もされています。フェニルケトン尿症の患者は、フェニルアラニンを代謝できない遺伝疾患があるため、摂取は控えなければなりません。

また、腎臓機能障害に関与しており、活発で正常な精子の量を減らしてしまう可能性もあると言われています。その他、気分障害などの神経系疾患になりやすいとも言われているので、過度に人工甘味料を摂取するのは避けた方がよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ