ジョギングダイエットは、有酸素運動で30分以上行うと脂肪燃焼効果がある

ジョギングダイエットは、有酸素運動であるジョギングを行うことで消費カロリーを増やし、体脂肪を燃やしていくダイエット方法です。お年寄りでも運動が苦手な人でも、誰でも行うことができるほど簡単で、手軽さは抜群でしょう。また器具なども必要ないので、お金をかけずに美しく、健康的に体重を落とすことができます。

ジョギングは、有酸素運動であるので、脂肪の消費量が多いと言われています。また筋肉をしっかりと鍛えることができるので、基礎代謝がアップし、体内に溜まった脂肪をエネルギーに変換しやすくなります。

ジョギングを行う上で、最適な時間帯は朝と言われています。起床して朝ごはんを食べる前に走ると、空腹時なので脂肪をより燃焼しやすくなるのです。インスリンが分泌されていると脂肪は燃えにくくなってしまうので、インスリン分泌が少ない空腹時がベストなのです。またジョギングを行う際には、20分以上続けるようにしましょう。

体内にあるブドウ糖を消費する時間が20分ほどかかるので、20分以上行わなければ体内に溜まった脂肪は燃焼されないのです。最低でも30分以上の有酸素運動をするのが望ましいでしょう。

ジョギングダイエットは、1日、2日ですぐに効果が表れるものではありません。継続的に行って、長期的に体重を落としていく必要があります。筋肉が成長するためには、1ヶ月程度はかかると言われていますので、ジョギングを行って体重を落とす効果があるのは、2~3ヶ月は先になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ