サポニンは大豆に含まれる苦み成分で、脂肪吸収を抑制する

サポニンとは植物の茎や葉に含まれる成分で、苦みやえぐみ、渋味があるのが特徴です。健康によい成分として、積極的に摂取することが望ましいとされており、含有サプリメントも数多く販売されています。血管に付着した中性脂肪やコレステロールを除去してくれ、中性脂肪の分解や血栓をできにくくする作用を持ちます。

高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病を防いでくれるのです。
サポニンは有毒性を持つ場合もありますが、大豆や大豆加工食品に含まれているものは安全性が高く、自然な形で摂取することができます。

大豆や豆乳、油揚げ、納豆、おからなどに多く含まれているので、食事から摂取しやすいでしょう。コレステロール除去以外にも、肝機能障害を改善することができると言われており、肥満予防にも役立ちます。食品以外にも、界面活性剤として使用される場合もあります。

ダイエット目的でサポニンを摂取する場合、その効果には脂肪消化酵素のサポートと、脂肪吸収を抑制する働きがあります。脂肪を消化する酵素は膵臓から分泌されており、分泌量が増えることで体内に溜まった余分な脂肪を消化、分解して体外へ排出してくれるのです。

また、腸の内側の壁を整えることによって、余分な糖質などの吸収を防いでくれます。抗酸化作用も強く、活性酸素を取り除いてくれるので、シワやしみ、たるみといった肌の老化を防止する働きもあり、アンチエイジングや免疫力アップにも役立つ成分なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ