エストロゲンは女性ホルモンの1種でダイエットに効果的

エストロゲンは、2種類ある女性ホルモンの1つで、排卵に関わるものです。卵巣から分泌されており、卵胞ホルモンと呼ばれる場合もあります。卵巣や子宮の発達を促進させ、女性らしいしなやかで美しい体つきにしてくれます。

その他に、体内のカルシウム量のコントロールも行っており、骨からカルシウムが溶出するのを抑制する働きもあります。更年期になって閉経すると、排卵されることがなくなりエストロゲンも分泌されなくなります。

その結果、体内のカルシウム量の調節がうまく行われなくなり、骨からカルシウムが溶け出てしまうため、骨粗しょう症などの病気にかかりやすくなると言われているのです。
ダイエットに関しては、痩せるホルモンとも言われており、多く分泌される次期は、体調がよくなりストレスも感じなくリラックスした状態なので、集中力がアップします。

またダイエットも上手く進み、運動などによる脂肪燃焼効果も期待できます。ダイエットを始める時期は、卵胞ホルモンが分泌されている時期にすることが望ましいです。
女性ホルモンの分泌サイクルは、排卵、生理に関わっており、生理が始まった日から1週間は、そのホルモン量は一定です。

生理が終わると、排卵前まではエストロゲンの分泌量が増加し、この時期を卵胞期と言います。排卵され、生理が始まるまではまた減少してしまうのです。ダイエットに適している時期はこの卵胞期がベストで、簡単に痩せることができるタイミングと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ