ユビキノンとは、ビタミンQやコエンザイムQ10と同一で抗酸化作用、エネルギー産生効果が高い

ユビキノンとは、ビタミンQのことでコエンザイムQ10と同一です。体内でも合成することができる脂溶性のビタミン様物資で、医薬品などに使用される場合が多いです。また、アンチエイジング効果を持つ化粧品などに配合されることもあります。ユビキノンは、細胞にあるミトコンドリアの補酵素として働きます。

細胞を活性化させたり、栄養素からエネルギーを産生する時にサポート役として働いたりします。体内での生成量は年齢とともに減少するので、体外から積極的に摂取することが望ましいでしょう。

また、ビタミンQには強力な抗酸化作用もあります。細胞膜が酸化してしまうのを防ぎ、細胞膜を保護します。酸素を効率よく利用するので、活性酸素を作りにくくしてくれるのです。また、精子の働きを活発化させたり、白血球や免疫細胞の作用をアップすることで、免疫力を高めたり、疲労を回復させたりする効果があります。

心臓や血液、脳、免疫系統など幅広い分野に高い効能が期待できるのです。さらに、糖質をエネルギーに変換させることができるため、糖尿病にも効果があります。

多く含まれる食品には、マグロやカツオ、牛肉、豚肉、レバーなどです。医薬品として配合される場合には、虚血性心疾患や脳出血などの治療で使用されています。また、歯槽膿漏など歯の病気にも利用されています。ダイエットに関しても、エネルギー生産性を高めてくれるので、体内の脂肪を燃焼しやすく太りにくい体質にしてくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ