肥満予防健康管理士は、肥満を解消、予防するために的確な指導をする人

肥満予防健康管理士は、一般社団法人の日本肥満予防健康協会が認定した、保健指導分野の資格になります。実践的な資格で、メタボリックシンドロームの予防を目的とした、肥満解消や防止、ダイエットの適切な指導やアドバイスを行うのが主な仕事になります。

栄養士の資格がある人の中でも、健康に重点を置いた、この肥満予防健康管理士の資格を取る人が増えています。栄養指導の手法もプラスすることができるので、より深くダイエット指導することができるでしょう。

現代の日本人は、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が急増しています。この生活習慣病は太りすぎの原因と考えられています。太りすぎになる要因としてはさまざまなことが考えられますが、食事の欧米化が挙げられます。

脂肪分の多い食事を取るようになって、内臓に脂肪がつくメタボリックシンドローム患者が増加したのです。また、バランスの悪い偏った食事を取っていたり、慢性的な運動不足状態になっていたりすることが原因で、体内に脂肪を溜め込みやすい状態にしてしまっているのです。

厚生労働省でも、メタボリックシンドロームの予防を強化しており、メタボ健診や肥満予防指導の義務付けをするように健康保険組合などの通達を出しています。

それに伴い、ダイエットや肥満に対しての正しい知識を持った指導者である肥満予防健康管理士が必要となってきたのです。ダイエットをする際には、間違ったやり方では、健康的に痩せることはできません。正しい方法で健康的に痩せましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ