ニコチン酸は糖質、脂質、タンパク質の代謝促進に関わる

ニコチン酸とは、ビタミンB3のことで、ナイアシンと呼ばれる場合もあります。水に溶けやすい成分で、タンパク質、炭水化物、脂質の3大栄養素の代謝に大きく関わる栄養素です。代謝が行われる際に酵素が関与してくるのですが、ニコチン酸はこの酵素の働きをサポートしているのです。

不足すると、基礎代謝力は低下してしまうので、エネルギーを消費しにくい体になってしまいます。エネルギーがきちんと使われなければ、ブドウ糖などの糖質は体内で脂肪に変わって、そのまま蓄積されます。この状態が悪化すると、体重が増え、肥満傾向になるのです。

カツオやイワシ、マグロ、ブリ、たらこ、鶏のささみ、豆類などの食品に多く含まれています。日頃から慣れ親しんで食べている食品が多いので、摂取はしやすいでしょう。食品から取り込む以外に、サプリメントも販売されています。

ニコチン酸は、神経系の動きを活性化させたり、血液中にある脂質を減少させたりする働きもあります。血液中の脂質が減ることで、血液はサラサラの状態になり、循環がよくなります。脂肪が血管に付着すると、動脈硬化や高血圧などを引き起こしやすいので、生活習慣病予防にもつながるでしょう。

また健康的な体を維持するためにもなくてはならない必要な成分です。ダイエットにも非常に効果的で、積極的に摂取することでエネルギー消費量を増やし、基礎代謝力をアップさせて痩せやすい体質へと改善していきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ