トコフェノールはビタミンEのことで、高い抗酸化作用を持つ

トコフェノールとはビタミンEのことです。粘り気のある液体で黄色~黄褐色をしており、水に溶けませんが、オイルやアルコールには溶けやすいという性質を持っています。脂質の抗酸化作用が強いため、アンチエイジング対策として化粧水や乳液、クリームなどの基礎化粧品に配合される場合が多いです。

活性酸素やフリーラジカルを除去してくれるので、ニキビや肌荒れ、くすみやたるみ、しわ、しみといった肌の老化を防いでくれます。活性酸素は肌の老化には最もよくない原因物質と言われているので、抗酸化作用があるトコフェノールを積極的に摂取すると、若々しい肌を維持することができるでしょう。

また過酸化脂質の発生を防止したり、皮膚の末梢血管を拡張したりする作用もあります。血管が広がることによって、血液の循環がよくなり、血行が促進されます。すると基礎代謝がアップし、老廃物や毒素など体内に溜まっていたものが排出されやすくなるのです。

皮膚の角化促進効果も持っています。ビタミンEは医薬品に使用される場合もあり、発毛促進も期待でき、さらに油に対して可溶性があるため、抗酸化剤として、油分が含まれた食品に使用される場合もあります。

トコフェノールは不飽和脂肪酸の酸化を防止する働きもあるため、血液中の脂質の酸化を予防し、血管に脂肪が蓄積されないようにしてくれます。その結果、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を防ぐことができるのです。内臓脂肪が付きやすいタイプの人にはおすすめできる成分です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ