結晶セルロースはパルプ由来の糖質の一種で、コレステロール吸着やデトックス作用がある

結晶セルロースとは、綿の実や樹木由来のパルプを原料として精製した物質で、非結晶部分を取り除いて、純粋な結晶部分のセルロースだけを採取します。結晶セルロースは体内に取り込まれると、コレステロールを吸着する働きがあり、コレステロールに吸着すると、外へ排出しようとするのでデトックス作用があるのです。

また、ダイエットサプリメントの成分としても有名で、一般的に使用されています。
水には溶けず、白い粉末状で、薬品など他の成分と混ぜても変性しないのが特徴です。圧力をかけると結合するので、作り方は非常に簡単です。

結晶セルロースは、ファンデーションのパウダー状化粧品に使用されたり、決着剤として錠剤に配合されたりする場合もあります。
また、結晶コレステロールは、腸内にひそむコレステロールや有害物質を吸着する体外排出効果があるため、便秘改善効果も期待できます。

ドリンク剤などの液体に配合されると、粉末のセルロースに比べて分散安定性が高いと言われています。洗顔料やパックでも、皮脂の吸着目的で使用されており、ピーリングのベースとしても用いられます。糖質に分類されていますが、消化されにくいため、ダイエットのサプリメントとしても人気が高いです。

スクラブ剤、増量剤、乳化安定剤、滑沢剤として、スキンエア商品や洗顔料、ファンデーション、パウダー、アイライナー、リップ、チーク、アイシャドウなどのメイクアップ製品に含まれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ