キレート効果は、有害物質を排出しやすい形に変え、吸収しにくいものを吸収しやすくする働き

キレート効果とは、体内の有害物質を排出しやすい形に変化させたり、吸収しにくい物質を吸収しやすい形状にしたりする作用のことを言います。キレートとは、カニのはさみという意味があり、有害物質をカニのはさみでとるように結合することで、体外へ排出します。

キレート成分を含む食物を体内に取り込むと、有害ミネラルはキレート成分に包み込まれるように結合します。デトックス作用により、この有害ミネラルを包んだ化合物は尿や便と一緒に体外へ排出されるのです。

キレート効果を持つ食物として、ネギ、たまねぎ、らっきょう、ニンニク、わさび、黒豆、小豆などがあります。ネギには硫化アリルという成分が含まれており、毒素を排出するデトックス作用に優れています。また、ビタミンB1と一緒に結合すると、疲労回復効果も期待でき、スタミナが補給されるでしょう。

玉ねぎには肝臓を強くする働きがあり、毒素を積極的に排出してくれます。また、玉ねぎに含まれるケセルチンは、毒素を体内から捕まえて外に出そうとする働きを持っているのです。

その他、にんにくにはアリシンと呼ばれる強い刺激臭の元となる成分が含まれています。このアリシンはデトックス効果が強く、殺菌性もあり、体に侵入した細菌と戦ってくれるので、免疫力を高めることができるのです。

わさびには、スルフィニルと呼ばれる辛味成分が豊富で、殺菌やデトックス作用があります。ビタミンCも含まれていることから、免疫力をアップし、基礎代謝を向上することができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ