カポエイラはブラジル生まれのアクロバティックな動きで、全身の筋力、柔軟性を向上させる

カポエイラとはブラジルで生まれた腿法で、格闘技とダンスの中間と位置付けされることが多いです。相手に触れることなく、蹴りやプレッシャーをかけていくもので、アクロバティックな動きが多いため全身運動であり、ダイエットにも効果的があると言われています。

ジンガと呼ばれる特徴的なステップを踏みますが、ジンガは腰を落として、顔面を防御しながら、体を左右に移動させる動きです。他の格闘技の構えにも近く、サンバのステップもジンガがスピードアップしたものと言われています。

カポエイラがダイエットに効果的な理由として、有酸素運動による代謝や基礎体力のアップがあります。素早い動きと遅い動きを交互に織り交ぜて、基本的にずっと動いているので、エネルギー消費量は大きいです。ふくらはぎの筋肉を鍛えることができるので、体内に溜まった老廃物や毒素を排出しやすくなり、血行がよくなります。

すると基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい体質へと改善できるのです。
また、蹴ったり、足を広げたり、まわったりと、足以外にも腕など全身の筋肉を使います。柔軟性も必要で、全身の筋力や柔軟性がアップするので、理想的な体型に近づくことができるでしょう。

道具を使わずに自分の体だけでできるのも、魅力の1つです。さらに重心移動を行うので、バランス感覚が養われ、体の歪みを矯正することもできます。歪みがなくなることで姿勢がよくなり、集中力もアップするでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ