アミノ酸はタンパク質を構成し、生命の源となる栄養素

アミノ酸とは、3大栄養素の1つであるタンパク質を構成する成分で、生命の源となる栄養素で体の様々な機能に関与しています。人間の体は20%がタンパク質でできていると言われ、筋肉や内臓組織、血中のヘモグロビン、髪の毛、爪などは全てタンパク質由来です。

自然界には500種類も発見されていますが、実際に人の体を構成しているタンパク質は20種類のアミノ酸からなっています。
20種類のうち11種類は体内での生成が不足した場合、食品などから摂取して補うことができます。

しかし、残りの9種類は食事からの摂取は不可能で、体内での生成のみになり、これらの合成できないものを必須アミノ酸と呼んでいます。体内ではタンパク質として合成されているもののほかに、血液中や細胞に蓄積されている状態のものもあります。

バリン、ロイシン、イソロイシンはBCAA.と略されることもあり、体のタンパク質を増加させ、運動の際のエネルギー源になります。グルタミンは筋肉、胃腸の機能を保ちます。アスパラギン酸はエネルギー源になり、プロリンは皮膚のコラーゲンの生成に役立ちます。

それぞれ違った機能を持っており、どれが欠けても困りますので、バランスよく保つことが重要と言われています。直接脂肪を分解する働きはありませんが、筋肉を作る主成分ですので、筋肉量がアップし基礎代謝を向上させることはできます。基礎代謝が上がると、太りにくく痩せやすい体質になるので、脂肪燃焼スピードもアップするでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ