悪玉コレステロールは善玉コレステロールを体内に運搬し増えすぎると血管に溜まる

悪玉コレステロールとはLDLと呼ばれるコレステロールで、体内で作られた善玉コレステロールを体の必要としている組織へ運搬する役割があります。コレステロールは細胞膜の主成分であり、筋肉を作るホルモンの原料にもなっています。

また、栄養分を分解、吸収する働きを持つ胆汁酸の原料にもなっていて、体にとってはなくてはならない栄養素です。しかし、体が必要としている量は限られているので、体内で増加しすぎてしまうと、そのまま排出されずに血管に付着してしまいます。血管に脂肪がくっついてしまうと、血管が細くなったり、硬くなったりします。

すると血液の流れが悪くなり、動脈硬化を起こしてしまうのです。動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞など死に直結する病気につながる、大変危険性の高い病気です。中性脂肪が増えてしまうとよくないと言われています。

悪玉コレステロールを減らすためには、まず肝臓機能を強くすることが大切です。肝臓で処理されているので、肝機能が弱まってしまうとコレステロールは分解、処理されなくなり、血液中に溜まってしまいます。そこから動脈硬化などの病気を引き起こしてしまうのです。

肝臓機能をアップさせる成分としてタウリンがあり、肝機能を向上させて、コレステロールの処理能力を促進させる働きがあります。牡蠣やホタテなどの貝類やイカなどの魚介類にも多く含まれています。その他、中性脂肪が増えることがよくないとされているので、マーガリンやラードなどの摂取を控え、ファーストフードや惣菜などの量を減らすとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ