緑黄色野菜は、ベータカロチンを豊富に含む発がん抑制作用のある野菜

緑黄色野菜とは、野菜100g中に600μg以上のベータカロチンを含んでいるものです。他の野菜に比べても栄養価が非常に高く、体によくダイエットにも効果的でしょう。トマトやピーマンなどはベータカロチンが規定値以下ですが、日常生活でよく食べられる食材なので含まれています。

代表的なものとしては、ニンジン、パセリ、ホウレンソウ、小松菜、春菊、ニラ、カボチャ、ブロッコリー、アスパラガス、さやえんどう、ピーマン、トマト、シソの葉などがあります。カラフルで鮮やかな色合いの野菜が多いです。

緑黄色野菜には、豊富な食物繊維やビタミン、色素、ミネラル類を含みます。ビタミンはビタミンB1、C、ミネラル類はカルシウムなどです。小松菜、ブロッコリーなどにはストレスを発散させる効果があり、トマトは二日酔いに効くとされています。またニンジン、アスパラガス、ホウレンソウなどは美容や肌荒れに作用します。

緑黄色野菜に多く含まれているベータカロチンは、黄色や赤色の色素です。ベータカロチンはビタミンAが結合した構造をしており、腸の中ではレチノールとして存在しますが、肝臓に移動してビタミンAになります。ビタミンAには視覚や成長、発育などに関連しており、暗いところで目が見えるように働いています。

またベータカロチンには発ガン防止作用があると言われています。喫煙や飲酒を続けると体内のベータカロチンは減少すると言われており、その結果ガンが発症してしまう場合があるのです。たくさん野菜を摂取することで、ガンの発症リスクを抑えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ