黒烏龍茶は脂肪吸収抑制効果が高い特定保健用食品

黒烏龍茶とは、サントリーから発売されている特定保健用食品です。日本人間ドック健診協会からの推薦もあり、脂肪の吸収を抑制して、体に脂肪がつきにくい効果が認められています。黒烏龍茶を飲むことで、いくつかの効果が期待できます。

まず1つ目として、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えることが挙げられ、血中に含まれる中性脂肪の上昇を20%も抑えることが可能です。次に、摂取した脂肪を体の外へ排出してくれます。排出促進効果は他の飲料水に比べて2倍もあると言われています。

体内での脂肪蓄積を抑制できるので、太りにくく痩せやすい体質へと改善することができ、ダイエットにも効果的でしょう。脂っぽい食事が多い人、外食続きの人、太りやすい人、健康に気を付けている人などにぴったりで、食生活の改善にもつながります。

黒烏龍茶の特徴として、他の烏龍茶に比べて色が黒いですが、これはウーロン茶重合ポリフェノールを多く含むからです。ウーロン茶重合ポリフェノールとは、ウーロン茶特有の成分で、茶葉を半発酵させる時にカテキン類が重合した、色が濃い成分のことを言います。この成分こそが脂肪吸収を抑えてくれるのです。

苦み成分のカフェインはあまり含まれていないので、苦みや渋みが少なく飲みやすいのが特徴です。色が濃いので苦いイメージが強いですが、さっぱりとしていて深みのある味わいがどんな料理にも合います。食事の際に350mlを目安に飲むと効果的と言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ