無酸素運動は酸素を使わずに体を動かす運動で、短距離走や筋トレなどが当てはまる

無酸素運動とは、酸素を必要としないで短時間体を動かす運動のことです。筋力トレーニングや短距離走などがあります。無酸素運動をする場合、瞬間的に強いエネルギーを必要とします。その際に使われるエネルギー源は、筋肉中に貯蔵していたグリコーゲンという糖質です。

筋肉をしっかり強化できるので、基礎代謝を向上させることができます。基礎代謝が上がれば脂肪を燃焼するスピードもアップするので、痩せる体質へと改善できるのです。
有酸素運動ばかりがダイエットに効果的と言われていますが、無酸素運動もダイエットには必要です。

筋力トレーニングで筋肉を増やすと、血液の流れがよくなって、酸素の供給もスムーズに行われるようになるので、エネルギーを消費しやすくなります。筋肉があれば、体を動かしていない時や睡眠時間でも、脂肪を燃焼させることができるのです。

多少の筋肉がなければ、有酸素運動をするのも苦しいでしょう。また、筋肉量を増やすことによって、有酸素運動の効果が高まると言われており、部分的に鍛えるよりも、全体的に鍛えた方がダイエットには向いています。

スクワットやダンベル体操などは負荷もかけすぎずに簡単に誰でも行えるので、初心者でも続けることができます。またジョギングの合間に、スクワットやダンベルなどの筋力トレーニングを行うサーキットトレーニングという方法は、さらに脂肪燃焼の効率をアップすることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ