ビフィズス菌は腸内の善玉菌の99%を占めており、便通を促す働きが強い

ビフィズス菌とは、腸内に潜む善玉菌の99.9%を占める、代表的な細菌です。人の腸の中には、1,000兆個を超える細菌が生息しているのですが、大きく分けると悪玉菌、善玉菌、日和見菌の3つに分けることができます。善玉菌は腸内環境を整えてくれ、便通を正常にするなど、体にとってなくてはならない大切な細菌です。

善玉菌には乳酸菌もあります。ヤクルトなどの乳酸飲料に含まれているイメージが強いのですが、実際に成人の腸にいる善玉菌は、ほとんどがビフィズス菌なのです。
しかし、善玉菌は加齢と共に減少してしまいます。赤ちゃんでは99%を占めていたにもかかわらず、成人では10%、60歳頃にはたった1%しかいないと言われています。

また、過度のストレスや疲れ、寝不足、食生活の乱れなどの不規則な生活スタイルによって、さらに減少してしまうことが分かっています。
体内の善玉菌を増やすためには、積極的に摂取するしか方法はありません。1日摂ったからといって腸内細菌は増えるのではなく、毎日欠かさず補給することが大切です。

サプリメントで補ったり、乳酸飲料やヨーグルトなどを朝食の度に摂取したりすれば、簡単に体外から補給できるでしょう。また、ビフィズス菌は酸性の状態に弱いことが知られています。食品から摂取した場合、胃や小腸を通らなければいけません。

その際に、消化酵素の酸で不活性化してしまい、本来の働きを得ることができないという場合もあります。胃酸に負けない強い菌を作れば、生きたままの状態で腸内に届けることができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ