BMAL1は脂肪を蓄積しやすいタンパク質の一種で、アンチエイジング効果も持つ

BMAL1はビーマルワンと呼ばれ、体内での活動が正常に機能するようにコントロールする働きを持つタンパク質の一種です。脂肪を体内に蓄積させる働きがあり、時間帯によって蓄積量は増えるため、その時間に食事をすると肥満になってしまう可能性があります。

その働きとして、脂肪細胞内でのコレステロールや脂肪酸の生成を促進し、脂肪細胞をなるべく体内にため込もうとする働きがあるので、太りやすくなります。脂肪をため込もうと機能している時には、脂肪分解を抑制してしまっているため、燃焼されずにそのまま残ります。別名を肥満遺伝子と呼ぶこともあるのです。

BMAL1は、存在する量が時間帯によって異なります。昼間は少ない量ですが、夜になるとその量は増加傾向にあります。午後10時ごろから増えていき、日付をまたいで夜中の午前2~4時頃に最も多くなると言われています。つまり、深夜の時間帯に増加することが確認されており、脂肪を蓄積しやすくなるのです。

このタンパク質の働きによって、夜間に食べ物を摂取すると太りやすくなってしまうと言われています。肥満防止やダイエットをしている方であれば、夜間に過剰な食事摂取は好ましくありません。午後10時頃までには夕食を済ませ、それ以降は水分以外を口にしないようにするのが、ダイエット成功への秘訣と言えるでしょう。

その他、アンチエイジング効果もあると言われています。BMAL1が少なくなると、皮膚の委縮や活性酸素を除去する酵素量が減少することから、豊富に体内にある場合には抗酸化作用があり、しみ、しわ、たるみのない若々しい肌を保つことができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ