総コレステロールはエステル型、遊離型のコレステロールの総称

総コレステロールとは、コレステロールのうち脂肪酸とくっついたエステル型と、別々に分かれている遊離型とを合わせた総称です。体内にある脂質の一種であるコレステロールは、血管を強くしたり、細胞膜の原材料になったりと、人が生きていく上で必要不可欠な成分と言えるでしょう。

また、性に関与するホルモンやステロイドなど副腎皮質ホルモン等の生成にも関与していると考えられています。体内に取り込まれた脂肪を消化する際に、消化をサポートする役割がある胆汁酸の主成分にもなっているのです。

しかし、血液中の総コレステロール値が高くなりすぎると、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を発症するリスクが高まります。昔の日本人の食事は、肉より魚がメインでした。また、一汁三菜で油っこい食品が少なく、煮物や味噌汁など野菜をたくさん摂れるバランスのよい食事が主流でした。

そのため、脂質の取りすぎにはならず、コレステロール値も平均以下で長寿王国と言われていたのです。しかし、最近では食事の欧米化に伴い、ファーストフードの普及、インスタント食品の増加、外食産業の発展などに伴って、脂肪を摂りすぎた食生活に変化してきています。

コレステロール値が上がることによって、血管の壁にくっついてしまい、血管を詰まらせたり細くしたりする要因となっているのです。

動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞など死の危険性が高い病気につながるので、注意が必要です。総コレステロール値を定期的に検査することでこれらの病気を未然に防ぐことができ、肥満予防もすることができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ