人工甘味料は糖質を使わず合成された甘味料

人工甘味料は、天然では存在しない甘味料です。食品には含まれない甘み成分を、人工的に合成することで得られた甘味料で、非糖質性のアミノ酸系アスパルテームや、サッカリン、アセスルファムカリウム、スクラロース、ステビア、キシリトールなどがあります。

どれも甘さは砂糖の100倍以上で、甘みが強いのが特徴です。
特に、スクラロースなどは砂糖の600倍以上の甘さがある上にノンカロリーなので、様々な食品に配合されています。

炭水化物を原料としていない人工甘味料の場合、カロリーが高くなく、食品中の糖分を減らすことができるため、清涼飲料水やアルコール性飲料、お菓子などによく使われています。また、ダイエット用に使われるのは低カロリーかノンカロリーなので、使いやすいです。虫歯の原因にならないのも魅力の1つです。

人工甘味料は、天然の甘さに比べると風味が劣りますが、糖分はカロリーが高いため、カロリー制限をしたい場合には非常に役立ちます。ダイエット中だけど甘いものは食べたいという時には、おすすめでしょう。

また、糖質を取りすぎてしまうと、糖尿病の危険性も出ることから、糖質をオフできる食品として注目されています。しかし、糖質が含まれないため、満腹感を得にくいというデメリットがあります。

満腹感が得られないと食事量が増えてしまい、食べ過ぎてしまうことがあるので、食事量には気を付けるとよいでしょう。また、人工的に作られた甘味料の中には、発がん性があると報告されたものもあるので、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ