血糖は血液中に含まれるブドウ糖で、インスリンによって量がコントロールされている

血糖は、血液中に含まれるグルコースのことで、グルコース以外に他の糖分も含まれていますが、ほとんどはグルコースです。血液中のグルコース量は数値化されることが多く、濃度で表され、血糖値として表示されています。

血液中のブドウ糖の量は、食事を摂取すると上がりますが、特に、食後30分前後をピークにして上昇すると言われています。食事で得られた栄養素の中で、ご飯やパンなどの炭水化物である糖質は、消化酵素によってブドウ糖に分解されます。糖質はタンパク質や脂質など他の3大栄養素よりも早く、消化・分解されることが分かっています。

このブドウ糖は小腸で吸収されやすく、そこから血液に入り、全身に運ばれてエネルギーとして使用されているのです。
血液でのブドウ糖の値が増えすぎると、体内ではブドウ糖量をコントロールする働きがある、インスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは膵臓から分泌され、肝臓や脂肪などの組織、筋肉などでブドウ糖が使われ、血液中のブドウ糖値は急激に下がっていきます。血糖が増えすぎた状態が続いてしまうと、インスリンの機能は低下してしまい、健康な体を維持することができません。最終的には糖尿病などの病気にかかる可能性が出てきてしまうのです。

普段の血液中のグルコース値を知っておくことは非常に重要で、健康的な日常生活を送るためにも、糖分の取りすぎには注意が必要です。また、ダイエット時に糖質をたくさん撮りすぎてしまうと、エネルギーとして消費できなかったグルコースは、体内で脂肪細胞として蓄積されてしまうので、糖質の過剰摂取には注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ