活動代謝は運動や日々の活動で消費させるエネルギーのこと

活動代謝とは、運動や日々の活動、仕事などの日常生活で、体を動かすことによって消費されるエネルギーを言います。通勤や通学で歩いたり、自転車に乗ったり、日頃から運動を積極的に行う人は代謝量が多いですが、仕事もデスクワークが中心で、あまり体を動かさない場合には少なくなります。

活動代謝は、消費エネルギーのうちの20~30%を占めると言われています。基礎代謝は呼吸などの不随意運動が主ですが、活動代謝は意識的に体を動かすことによって量を増減させることができるので、ダイエットをしたい場合には、しっかり運動をして体を動かすと有効でしょう。

ウォーキングや水泳、ジョギングなどの日々のスポーツはもちろんのこと、階段の上り下りや、通勤、通学の歩行、顔を洗う、着替える、歯を磨くなど、すべての日常生活の動作が関係してきます。

ダイエットに運動は欠かせません。体をしっかり動かすと自然に筋肉がついてきます。体に筋肉がつくと基礎代謝もアップするので、体内に脂肪がつきにくく、太りにくく痩せやすい体質へと改善することができるのです。また、体内に脂肪をため込まなくなるので、内臓脂肪や皮下脂肪も付きにくく、スリムなプロポーションをキープできるでしょう。

生活習慣病を予防することもでき、健康な状態を維持できます。特にスポーツをする場合には、脂肪を燃焼しやすい有酸素運動がおすすめです。酸素を取り込みながら30分以上体を動かすことによって、エネルギー消費量を増やすことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ