マヨラーとは何にでも大量にマヨネーズをかけて食事をする

マヨラーとはマヨネーズが大好きな人のことを言い、どんなメニューにもマヨネーズをかけて食べます。キューピーや味の素のピュアセレクトなど、商品ごとに好みが分かれているマヨラーもいます。マヨネーズをチューブごと大量にそのまま吸って食べることもあるでしょう。

通常サラダなどにかけるのが一般的ですが、他にもご飯、パン、カレーなどあらゆるメニューにかけて食事をするそうです。
マヨネーズは卵とお酢と油を原料としているために、脂肪分が多くカロリーが高い調味料です。100gあたり全卵型で703kcal、卵黄型で670kcalもあると言われています。

脂質以外にもビタミンEやビタミンKなども含んでいるのです。10gあたりで脂質の1日の推奨量の17%になるのです。10gとはきゅうりなど野菜に付ける時の量くらいなので、少量でもどれだけカロリーが高いのが分かるでしょう。

ダイエットをしている場合、マヨネーズの頻回使用はよくありません。いくら食事コントロールをしても、まったく意味がありません。そこでなるべく摂取量を減らすこと、カロリーハーフの商品や、コレステロールゼロのものを選ぶのも効果的です。

また最近では、豆乳から作られたという豆乳マヨも登場しています。どうしてもマヨネーズの摂取をやめられないという場合には豆乳マヨはおすすめです。卵を使っていないので、コレステロールはゼロで、カロリーも低いので、たくさん食べたとしても脂肪分の取り過ぎにはなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ