ドカ衝動はダイエット中にも関わらず1度に大量の食事を摂取してしまう状態のこと

ドカ衝動とは、ドカ食いと同じ意味で、ダイエット中に我慢することができずに一度に大量の食事をとってしまうことです。特にポテトチップスやお菓子などは、一度開封すると1袋全部食べてしまうなどといった例があります。

ダイエット中は食事制限をしている時合が多いので、食べたいという欲求がストレスとなり、ドカ衝動が起こる場合は非常に多いです。また菓子パンなどは食べやすく、衝動的に食べ過ぎてしまうことが多いので、ダイエット中はあまり買わないようにすべきです。

原因は人によってさまざまですが、睡眠不足、運動不足、ストレス、ダイエットがいやになった、食事制限で食事を思いっきりとりたくなったなどといったことが関係しています。また、それ以外にも人間関係で悩んで大量に食べてしまう時もあるでしょう。特にダイエット中の場合、朝昼夜の3食のメニューをカロリー制限しすぎている場合があります。

取り込む食事の量が減ってしまうと、満腹中枢が働かずにいつまでたっても空腹感が続いてしまう危険性があるのです。
ドカ食いをしてしまったならば、次の食事メニューを変更すればいきなり太るということはありません。バランスよく食べることが、体重を減らすためには最も大切です。

またパンよりもご飯の方が腹もちはよく、バターなどの脂肪分もないため、ダイエットに向いているでしょう。体内に取り込むと太ってしまうと考えている場合は全くの誤解です。ローカロリーなものや野菜であれば、お腹いっぱい食べてもよいのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ