ドカ食いとは、適正量よりも食べ過ぎてしまう状態

ドカ食いとは、必要以上に食べ過ぎてしまう状態のことです。おいしい食事やメニュー、甘いものなどはついつい多めに食べ過ぎてしまう、という経験をした女性は多いでしょう。食べ過ぎてしまった日や翌日は体重計が怖くなるものです。ドカ食いをしたからと言って、すぐに脂肪として蓄積されるわけではありません。

食べ過ぎてしまったならば、次の日の食事メニューを考えて低カロリーで少量にするなど、意識的に気を付けることで太りすぎを解消してくれるのです。
取り込まれた栄養素は小腸などで分解、吸収されて、エネルギーとして燃焼されます。

エネルギーとして使用されなかった場合には、脂肪として体内に蓄積されてしまいます。脂肪が蓄積するまでにはある程度の時間がかかりますので、次の日の食事メニューに気を付けるだけで、ドカ食いをしても体重増加を免れるのです。

まずはカリウムを積極的に摂取しましょう。多量に食事をとると、水分量も増えてしまいます。余分な水分はむくみになったり、セルライトを引き起こしやすくなったりするので、水分代謝を促進できる効果のあるカリウムを取り込むようにしましょう。また、野菜や果物をしっかりととることです。

特に野菜に多く含まれる食物繊維類は、脂肪や糖などを積極的に体外へ排出してくれます。肉を食べるよりは魚を選択した方が効果的でしょう。青魚などに含まれるエイコサペンタエン酸には脂肪燃焼効果があるので、積極的に摂取しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ