骨盤トントン体操は、足でお尻をリズミカルに叩くだけで骨盤の歪みを矯正できる

骨盤トントン体操は、骨盤をたたくことでダイエット効果があると言われています。歪みを矯正して、開き切った骨盤をしっかり引き締める効果があります。特に出産を経験した女性は骨盤が正常な位置からずれていたり、緩んで開いていたりするケースも多いので、トントン体操を行うだけでも効果を実感できるでしょう。

骨盤が元の状態に戻ると、基礎代謝が向上し脂肪を燃焼しやすくなるため、太りにくく痩せやすい体質へと改善することが可能です。
体操の方法はとっても簡単です。まずはうつぶせ寝をします。両足は腰の幅くらいに開いておきましょう。また両腕は頬杖をついた状態にしておきます。

呼吸法を意識しながら、息をふーっと吐きます。息を吐きながら、かかとでお尻を叩きます。かかとが届かない場合もありますが、気にせずに行いましょう。かかとをお尻に当てて叩くのを左右両方で行います。

呼吸を意識しながら、ふーっふーっと吐きだして、トントンと6回たたきましょう。リズムに合わせて行うとなおよいでしょう。
左右どちらかの足がやりやすいと感じる場合は、最後にやりやすい方の足で3回たたいて終わりです。これだけの体操を続けるだけで、骨盤が正常の位置に戻るのです。

骨盤の歪みはむくみなどの下半身太りにつながり、むくみは冷え症にも関わってきます。また免疫力の低下、便秘気味などあらゆる不調に関連してくるので、注意が必要です。毎日継続して行うことで徐々に効果を実感できますので、焦らずにじっくり行うことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ