メタボリックシンドロームは、生活習慣病にかかっている

メタボリックシンドロームとはメタボリック症候群とも言われ、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病にかかった状態のことを言います。日本語に直すと代謝異常症候群で、内臓脂肪型肥満、血圧異常、脂質代謝異常、糖代謝異常が原因で起こります。

診断基準は、おへその高さの腹囲で計測します。男性では85cm以上で、中性脂肪やHDLコレステロール、血圧、空腹時血糖が規定以上の値に2つなった場合、この病気に当てはまります。症状を改善させるためには、生活習慣病予防が大切です。

必要以上に食べ過ぎている場合には、適正量の食事とバランス、規則正しい生活を送ることが重要です。内臓脂肪が付きやすい、油分の多い食品や高カロリーな食べ物をなるべく控えて、低カロリーで高たんぱくな食生活に切り替えましょう。また野菜をしっかりと取り入れたメニューを考えるべきです。

食べるメニューはもちろんですが、よく噛んで食べることも大切です。よく噛んで食べれば満腹中枢が満たされるので、食べ過ぎを抑えることができますし、消化しやすくなるのでエネルギーとして燃焼しやすいです。

また1日に30分程度でいいので、適度な運動も重要です。特にジョギングやウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。有酸素運動は中性脂肪を減らすことができ、内臓脂肪が付きにくくなり、高脂血症にもなりにくくなるのです。食事療法、運動療法でだいたいの人は効果が現れます。それでも無理な場合には薬物療法を行います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ