動脈硬化は動脈に中性脂肪などがついて硬くなり柔軟性を失った状態

動脈硬化とは、動脈の血管壁にコレステロールや中性脂肪などがつくことで、血管が固くなったり、詰まったりして、弾力や柔軟性がなくなった状態のことをいいます。動脈硬化が起こると血液が上手く流れなくなり、血のめぐりが悪くなります。

動脈は心臓や脳、各臓器が動くために必要な酸素や栄養素を運んでいるため、その流れが悪くなると、病気を起こしやすくなります。コレステロールなどが溜まることにより、高血圧をもたらし、血管に過度の負担がかかってしまいます。

症状が進行すると、狭心症、心筋梗塞などの心疾患、脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患などを引き起こすこともあり、命に関わる病気になるので注意が必要です。自覚症状が乏しいために、早期発見はしにくいと言われています。

定期的な健康診断で見つかるケースが多いですが、体重や血圧を日頃からセルフチェックすることで早期発見につながります。原因は、不規則で偏った食生活、運動不足、喫煙、飲酒、ストレスなどが考えられます。動物性脂肪を多く含む食品を多量に摂取した場合、高カロリーで脂肪を体内に溜め込みやすくなります。

血中のコレステロールや中性脂肪の値が高くなり、動脈硬化を起こしやすくなるでしょう。また高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病などの生活習慣病が引き金になることも少なくありません。また加齢とともに症状が悪くなるので、40代で発見されることも多いです。ダイエットを行うことで、健康的な体を維持してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ