成人病とは成人になってかかりやすい病気

大人も子供も病気にかかりますが、その中でも成人になってからかかりやすくなる病気を成人病といいます。特によく罹患するとされるリスクの高い病気を三大成人病と言い、ガン、心臓疾患、脳血管疾患がそれに当たるのす。これらの病気は死亡率が高く、日本人の60%はこの3つのどれかで死亡しているという現実があるそうです。

ストレスや喫煙、偏食など様々ですが、高脂血症、糖尿病、高血圧、肥満などの生活習慣病が関与しているケースも多いのです。
ガンは、たばこや肥満、アルコールの過剰摂取、脂っこい食品の多量摂取、運動不足、肥満などが原因となりやすいです。

特に喫煙者においては、肺がん発症率はたばこを吸わない人と比べて5倍と言われています。心臓疾患で最も多いのは、心筋梗塞です。生活習慣病によって、血液がドロドロの状態になり、動脈硬化が起こるために心筋梗塞が発症しやすいと言われています。

また脳血管疾患において多いのは、脳卒中です。脳卒中を防止するためには、血液をサラサラの正常な状態に保つことが大切です。正常な血液をキープするためには、生活習慣病予防が必要でしょう。生活習慣病の予防方法としては、適度な運動を心がけること、規則正しい生活を送ること、バランスの取れた食事をすることなどがあります。

適度な運動は肥満防止になりますし、バランスの取れた食事を摂取すれば、カロリー制限することが可能でしょう。ダイエットをすることで健康的な体を維持でき、成人病発症リスクを軽減できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ