生活習慣病とは生活習慣が原因で起こる病気

生活習慣病とは高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病などの病気のことを総称しており、その名前の通り、生活習慣が原因となって発症している場合が多いです。偏った食事、暴飲暴食、喫煙、飲酒、ストレス、運動不足などその原因は様々ですが、自身の生活スタイルを見直すことで、生活習慣病にならずに健康に生活することができるのです。

単独の病気としてももちろん怖いですが、重複して起きたり症状が悪化したりすると死の危険もあるので、非常に重大な病気と言えるでしょう。
これらの病気にかかると血管では動脈硬化が起こります。動脈硬化とは弾力がなくなり、血管が固くなることです。

また、血管の壁にはコレステロールや中性脂肪などがこびりついて溜まってしまい、血液の流れが悪くなります。さらに高脂血症になると、血がサラサラの状態からドロドロの状態になるため、血のめぐりが悪くなり、血栓が出来ることで血管が詰まってしまったりします。

生活習慣病は自覚症状がないものが多いので、気づいた時には症状が進行していることが多いです。気づかずにいると心筋梗塞や脳梗塞などで体に麻痺がでたり、寝たきりになったりするケースも少なくありません。

まずは規則正しい生活を行うこと、必要以上にカロリー摂取をしないこと、肥満の場合は適度にダイエット行うことも重要でになってきます。また運動不足の場合には、ジョギングなどの有酸素運動を適度に行うと、健康的にスリムな体になれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ