脂肪肝とは肝臓が肥満の状態で生活習慣病になりやすい

脂肪肝とは、肝臓にコレステロールや中性脂肪がついてしまった、いわゆる肥満症の肝臓のことを言います。通常の肝臓では3~5%に脂肪分を含んでいますが、5%以上になると脂肪肝と呼ばれ、フォアグラのような状態になってしまいます。30代~40代の男女に多く、特に飲酒する人、外食が多い人などによく見られます。

中性脂肪やコレステロールが蓄積した肝臓は、動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病を引き起こす恐れが高くなります。脂肪分は体内に取り込まれると、小腸では吸収しやすい脂肪酸に分解されます。

その状態で肝臓に運ばれますが、脂肪酸が増えるとエネルギーとして使用される以外にも残ってしまうために、そこから中性脂肪が作られそのまま蓄えられてしまいます。またアルコールを多量に摂取すると中性脂肪が溜まりやすいことが知られています。

自覚症状はなく、発見が遅れてしまう恐れがあるので、定期的な健康診断はきちんと行うようにしましょう。肥満や糖尿病、アルコールの過度の摂取などが原因となるため、まずはダイエットをすること、禁酒日を作って肝臓を休めること、規則正しい生活を送りバランスの取れた食事をとることなどを実践してみましょう。

特に、低カロリーで低脂肪の食品を積極的に摂取すると効果が出やすいです。
またタウリンを含む食品を摂取すると、胆汁酸の分泌が促進されることによって、コレステロールを積極的に排出することができます。

タウリンはその他にも酵素の働きをサポートし、アルコール分解をスピードアップしてくれるので、肝臓への負担が軽減されます。また、毒素を排出するデトックス作用もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ