骨粗しょう症は骨密度が下がり、体の重みで骨が折れてしまう病気で、女性に多い

骨粗しょう症は、骨の中に空洞ができスカスカの状態になる病気です。そのため骨が折れやすくもろくなってしまい、骨折を繰り返してしまうのです。自覚症状があまりないために、病気が進行した状態で発見されることが少なくありません。

もろい骨は体重がかかるだけで潰れてしまう圧迫骨折を起こしやすく、背中が丸くなったり、身長が縮んだりする原因ともなります。骨密度を測定することで病気の発見につながりますので、早期発見、早期治療を心がけるようにしましょう。

骨密度は成人の場合80%以上はありますが、病気を発症すると70%未満まで低下します。原因は2つあり、加齢によるものと、他の病気や薬が原因になって二次的に起こってしまうものとがあります。加齢によるものは特に女性で多く、閉経したことにより女性ホルモンの分泌が極端に低下して発症するケースが多発しています。

その他過度のダイエットを行うと、体内でカルシウム不足が起こり、骨からカルシウムを補おうとしてスカスカの状態になることもあります。
治療は薬で行うことが一般的です。きちんとバランスの取れた食事をとること、規則正しい生活を送ること、適度な運動などの習慣も大切です。

治療薬は腸管でのカルシウム吸収を促進するものや、骨形成をサポートするもの、骨吸収を抑制する働きがあるものなどがあります。よく使われる薬剤として、活性型ビタミンD3製剤、ビタミンK2製剤、エストロゲン、ビスフォスフォネート製剤などが挙げられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ